富士自工 株式会社 本文へジャンプ
           BGプロダクツ   

BGプロダクツが提案する新しいディーゼル車のメンテナンス・修理方法


コモンレールシステムの普及により、ディーゼルエンジンは、クリーンさ、パワフルさ、静かさが改善されてきました。とはいえ、1800気圧もの高圧燃料を噴射するインジェクターやコモンレールが目詰まりすることも珍しいことではありません。

現在のところ、目詰まりを解決するためには、インジェクターの全交換が一般的で、修理に丸一日掛かり、また修理費用も高額になります。


BGプロダクツの新しいメンテナンス・修理方法の提案

BGの洗浄剤(BG229、BG244)なら、修理に約40分、
インジェクターの交換も必要ありません。
修理費用はトラックの大きさにもよりますが、
1台あたりの修理費用が10分の1程度に抑えられます
また、BGの洗浄剤を使用後は、さらに別の効果が現れます。
基本的にBGの洗浄剤は、エンジンの燃料システム等を新車時と同じ状態に戻しますので、下記の状態になります。  
*燃費の回復  
*CO、HC、Nox黒煙の低下、解消  
*始動性の向上  
*触媒のつまりの大幅な軽減


経済的に、環境的に大きく貢献できるのが、BGの製品です。ぜひお試し下さい。


インジェクター噴射量

サービス前 サービス後

バルブ

サービス前 サービス後

目詰まりに強い味方!!

インジェクターの詰まりに即効性を発揮する製品です。
BGプロダクツ社独自の専用装置(ディーゼルインジェクターフラッシュ)を使い燃料系統全般をクリーニングし、簡単かつ効率的にインジェクター・噴射ポンプ・燃料ライン・燃焼室・インテークバルブに付着したカーボン・スラッジなどを溶解します。
最新のコモンレール式高圧燃料噴射にもディーゼル車なら車種を問わず、燃料ラインを外すだけで簡単に作業できます。



フラッシング要領は、こちらから

BG229 ディーゼルケア

BGプロダクツ社独自の専用装置(BGディーゼルインジェクターフラッシュ)を 使い燃料系全般を洗浄し、簡単かつ効率的にインジェクター・噴射ポンプ・燃料ライン ・燃焼室内・インテークバルブに付着したカーボン・スラッジ等を溶解します。
燃料系等の目詰まりをなくしエンジン本来の性能を引出します。


エンジンパフォーマンス、燃費の回復!
排ガスのクリーン化! 始動性の向上!


エンジン性能が力強く甦る!!
隅々まで燃料系をクリーニングし、インジェクター・燃焼室に焼き付いた強固な汚れを取り除き、燃焼効率を上げます。また、燃料系など綺麗に保つことで、高額になる燃料系統の故障の発生を抑えることができます。
メンテナンスのために12,000km〜15,000km走行毎に使用することをお勧めします。








BG244 フュエルシステムクリーナー

BGディーゼルケア作業終了後BG244を燃料タンクに入れて下さい、 ガソリンエンジンより発生し易いカーボン・スラッジ等をより強力な成分で溶解して ディーゼルエンジンのパフォーマンスをフルに引出します。
メンテナンスの際・15000KM以上走行後、又は3〜4ヶ月毎にご使用することをおすすめします。
軽油25〜60リットルに1本の割合で注入してください。


弊社はBGプロダクツ・サブディーラーです。詳しい説明などはお問い合わせください。

米国BG Products, Inc. 日本総代理店「BGジャパン株式会社」
様のホームページは、こちらから


newpage3.htmlへのリンク